オメガ3が持つ効果

オメガ3とは脂肪酸の一種であり、脂肪や油のことを言います。この脂肪酸は大きく、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類に分類する事が出来ます。飽和脂肪酸は主に動物の脂肪の事で、常温では半固体の状態で存在します。対して不飽和脂肪酸は、動物・植物等様々な物に含まれています。また融点が低いので、常温では液体の状態で存在します。オメガ3は不飽和脂肪酸に分類される脂肪酸で、健康のためにも積極的に摂取したい脂肪酸です。オメガ3には、人間の健康のために良い効果がいくつもあります。

前述したように、オメガ3には良い効果がいくつもあります。そのため、常日頃から積極的に摂取したい存在の一つだと言えます。オメガ3を多く含む食品としては、イワシやサバ等の青魚が有名です。また、クルミや緑黄色野菜にも含まれています。つまり、これらの食品を意識して、普段の食事に取り入れれば良いのです。しかし、これらの食材だけで毎日の必要量を補うのは大変です。また、青魚は好き嫌いが分かれる事も多い食品として知られています。そこで、それ以外のおすすめの摂取方法として、亜麻仁油やしそ油等を活用するという方法があります。亜麻仁油やしそ油は、それぞれ亜麻やしそといった植物から抽出される油の事です。これらの油にもオメガ3が多く含まれています。こうした油ならば料理をする際に加えるだけで良いので、毎日の摂取も難しくないです。